読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0505】Ceretto Barbaresco Asij 2005

ピエモンテ

 
チェレット バルバレスコ アジイ 2005 750ml
 
 ものすごく寒く感じられる今日は、ごつい赤ワインを選びたい…と思って選んだのは、久しぶりのバルバレスコ。この品は、大手バルバレスコメーカー・チェレットの品で、4000円ぐらいのベーシック品。バルバレスコとしては破格ながら、いかに。
 
 色は、レンガ色というよりオレンジ色に近いようなワインレッドで、黒っぽいながら透明感がある。匂いは…おお…少し朽ち木っぽいけれどもキャラメルを連想させる、柔らかくておいしそうな匂い。ものすごくトーンが高い、揮発性抜群の蝋燭っぽい匂いも吹き上がってくる。
 
 口に入れてみると、酸味とタンニンがビリッと来た。刺すようなタンニンと、キュッと口を引き締めるような果実酸味。で、その後に舌〜喉にかけてバターのような厚みが長く残り、それとは別に、タンニンのガサッとした感触が来たり、ストレートにベリーっぽい果実味が意識されたりすることがある。重い感じはなくて、呑み心地そのものは軽量級。けれどもタンニンのガサッ感とバターっぽい厚みのせいか、重武装な印象を受ける。嫌なガサガサではなく、アクセントとしてのガサッ感。「果物の果汁をそのまま凍らせたシャーベットをスプーンで細かくしながら食べる時の、あのガサガサ感」に似ている。途中からは、ものすごく濃厚な果実味が前に出てきてびっくり。意外とがんばってくれる。
 
 重武装だけど芯はしっかりフルーティーで、軽量級でもどこか力強い、いいワインだった。同価格帯のブルゴーニュと互角以上なんじゃないかという印象。
 
 ※翌日になると、少しばかり塩素っぽい匂いが混じってきた。タンニンが昨日より少しマイルドなためか、よりフレッシュな果実味に感じられる。翌日も良い感じだった。