読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0669】バリカスシリーズ T08+B Selection Blanco 2011

 
[2011] セレクション・ブランコ T08+B 750ml
 
 このワインはヴェリタスで380円で購入したもの(リンク先は10/16現在、750円になっている)。あまり得意では無いソーヴィニオンブラン80%にシャルドネ20%なのが名前の由来らしい。
 
 色をチェックすると、薄くて安そうな白ワイン色なりに、緑の色彩を帯びていてなかなかフレッシュそうな感じがする。匂いをかいでみると、意外や意外、メロンとライチとパイナップルが合わさったような、南国風の匂いが満杯な感じがする。最近の安ワインって、出だしの匂いの優秀性という点では凄いものが多いけれども、こいつもそんな感じで、猫のおしっこみたいな嫌な匂いはせず、それどころかハーブのようなすがすがしさすら伴っている。
 
 口をつけてみると、みずみずしい味と甘みに、鮮烈なハーブの匂いがパァーッと広がって華やか。後味の酸味の強さが少しじくじくしているあたりは、ソーヴィニオンブランっぽいとか思ったけれども、普通に考えたらこれは旨い。この手の安ワインの宿命として、匂いも風味も、呑み進めるにつれて平凡な印象を強めてはいくんだけど、みんなで食事を摂る時の一杯として・カラフワインとしては全然いける。少しだけ微炭酸の傾向があるのも、このワインでは印象を良くしているような気がする。料理酒として開けたけれども、たっぷりと呑んでしまった。