読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1091】Cellers de l'Arboc "Pupitre" Cava Brut (N.V.)

スペイン

 
CAVA Pupitre(カヴァ ピュピトレ・ブリュット
 
 見た目は、割と普通の色合いのスパークリングワイン。泡が細かく、液面に泡のふきだまりをつくる傾向が強いのが特徴。で、匂いを確かめると、ちょっとイースト系のあまくてふんわりした匂いと、青りんご+ラムネといったような感じのやつがフンワリやってくる。
 
 口をつけてみると……うへー酸っぱい!すごく酸っぱくてさっぱりした、青リンゴ+レモンのような。なんだか貫通力のある酸味で、舌を貫いてくるような感じがある。でもって、金属っぽいキンキン感は……あります。これらトータルによって、ものすごーく口をすぼめたくなるような味になっている。
 
 ただ、それもはじめのうちだけで、じきにジャカジャカ呑めるような感じになってきた。慣れてくれば円やかなもので、あまりしんどさを伴っていない。このあたりがゴッテリ系シャンパーニュと違うところかもしれないけれど、このクラスのカヴァは軽くても別に不満があるわけでもなく、これはこれで良いものだった。