読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1188】Bouchard Pere et Fils Bourgogne Passe-Tout-Grains 2012

 
【ブシャール ペール エ フィス】 ブルゴーニュ パス トゥ グラン  [2012]
 
 ブルゴーニュパストゥグランはあまり飲んだことがないので、今回は久しぶりにあけてみることにした。ちょっと冷やして飲んでみることに。
 
 まず、見た目が普通のブルゴーニュとは違う。ちょっと薄いブルゴーニュ色っぽいんだけど、妙に明るい。ワインレッドのなかでは「普通の赤」にかなり近いような明るい色彩。かといって、薄くて茶色っぽい先日のモンテリみたいな方向性とも違う。
 
 屑コルクを抜栓すると、香りはパッと出だしが明るくて、熟したイチゴみたいな香り。それと、キアンティクラシコにありがちなおしるこっぽさ(もちろんイタリアっぽいスミレ系フレーバーは無いけれども)。トーンの高い香りではなく、ほっこり系、田舎系な感じ。で、その奥からイチゴ牛乳みたいな、もっと甘くてミルキーな香りが漂ってきておいしそう。
 
 口をつけてみると、あれっ以外とキアンティクラシコっぽいスミレが……?!でも、お酒は軽くて飲みやすく、タンニンはきめが細かい。桑の実を思わせるような淡い甘さがほんのりじんわり口のなかにこだまするような感じで、これはこれで旨い。ただ、飲み進めていくといかにも平格ブルゴーニュにありそうな特徴……酸味のきいた後味と、獣やゴムっぽいちょっと生臭い風味が強まってきた。とはいっても、価格的にも味わい的にも、高騰中の平格ブルゴーニュの代替品として悪くないかも。ブルゴーニュ風味は満喫できた。
 
 ※翌日、とにかく酸っぱくてちっちゃいだけのワインになってしまった。一日で呑まないと駄目なものだったのかも。