読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1434】Logan Weemala Merlot 2013

 
Logan Weemala Merlot
 
 「ワインをジャケ買い」って大変愚かなことのような気がするけれども、「厳粛な雰囲気のブルゴーニュ」と「鳥のマークのワイン」には割と甘くて、今回、鳥のマークのオーストラリアワインを開けることになった。
 
 まずジャケットを。うーん、思ったよりもかわいらしくないなぁ。カステラーレ・カステリーナの鳥に比べると、手抜きは歴然としている。これはいけませんねぇ。スクリューキャップを開けてドボドボ注ぐと、黒ずんだ、久しぶりにみる黒系葡萄の色。グラスの縁はやや青紫色がかっていて、若々しい印象。ただしワインにはそれなり透明感がある。
 
 香りを確かめると、杉の入浴剤みたいな香りがする。スースーとした、ハッカっぽい雰囲気を伴っていて、カシスリキュールみたいな、濃縮した甘みを予感させる香りも伴っている。あるいはグレープ味のグミキャンディとか。
 
 口に入れてみると、香りに違わない、濃厚な果実味が迫ってきた。苦みもしっかりしていて、タンニンも口の奥がキュっとすぼまるよう。概して、味のスカラー量がでかい、濃い、濃いぞー!輸入業者さん*1のラベルを確かめるとアルコール13-14%と書かれているけれども、なんかそれよりも強いんじゃないかと感じる。そして苦みとハッカっぽさのせいでちょっと薬っぽい。薬っぽさにブラックベリーの濃縮果汁が混じっているような。
  
 なかなかおいしいワインだけど、こいつはちょっと飽きちゃうかもしれないなー。それと、オーストラリアワインだから暫く放置しておいても平気だと思うので、そういう風に扱ってみよう。
 
 ※翌日、バランスが取れるかと思いきや、酸味が勝ってしまって意外と痩せてしまった。確かにバランスがとれたとも言えるかもだけど、体格が普通のワインになってしまって、こいつの大事な特徴が吹っ飛んでしまったような。ううむ。
 

*1:モトックス