読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1501】Domaine Michel Lafarge Bourgogne Passetoutgrain "l’Exception" 2012

 

 
 
 朝の段階では久しぶりにブルゴーニュのまじめな一級を飲もうと思っていたけれども、喉が少し痛いので鼻が利かないかもと思い、格下げしてパストゥグランにした。これなら飲みやすくて元気が出るでしょう。メーカーは、ヴォルネ村のお気に入り、ミシェル・ラファルジュ。
 
 まず見た目。オレンジ色がかっていて、ものっすごく薄い。ヴォルネのメーカーが作っているせいか、すっごくヴォルネっぽい((でも、このラファルジュのつくるヴォルネのワイン自体は、ヴォルネにしては濃いほうだと思うけれども))。香りは、甘酸っぱいベリー系のやつと、和菓子系のようなほっこりとした粉っぽい甘い香りもする。
 
 口をつけると、甘酸っぱさが炸裂。さっぱりとした飲み心地でタンニンはかなり少ない。口当たりが柔らかくてスルスルと入っていく。ちょっとアセロラっぽく、軽々としている。軽々としているんだけど、ちょっと引っかかりどころがなさすぎる第一印象。その後も、内実がこみ上げてこないというか、2012年の平格ブルゴーニュの良くないところを彷彿とさせるところがあって合格点がつけられない。ラファルジュですら2012年が駄目ってことなのか、ラファルジュに限って駄目なのか、このボトルがたまたま駄目なのか。でも、今まで呑んできた印象と総合すると、2012年はやっぱりアレなんじゃないか。手元にもう少し2012年のボトルがあるので、もうちょっとだけ調べて、音沙汰なければもうやめよう。
 
 ※二日目。少しだけ、華やかなミルクチョコレート系の風味を帯びるようになったけれども基調は変わらない。残念。