読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1507】Stocco Pinot Grigio 2015

 
ストッコ ピノ・グリージョ
 
 今日の夕食は、サーモンのホイル焼きとチキンナゲット中心の、ちょっと濃い白ワインが良さそうな雰囲気。そこで、イタリア産のピノ・グリージョ(ピノ・グリ)をいただくこととした。
 
 まず色は普通の白ワイン色、強いて印象をあげるなら元気の良い照りをしている。香りは、澄んだ台所洗剤のような雰囲気ですがすがしい。蜜はあまり感じられず、あくまで清々しい系。
 
 口をつけると、甘みと酸味がしっかり。膨張感とトロピカルフルーツで押してくるフランス産のピノ・グリとは趣が違って、あくまでさっぱりとした味わいがメインで、そこにある程度のオイリーさと膨らみを伴っている感じ。もったいぶったところのない、バランスの良い白ワインだ、
 
 ※二日目は、さらにイタリア白ワインっぽいさっぱりとした雰囲気になった。安いピノ・グリージョっぽいというか。でも、それがまたいい。