読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0228】Mastroberardino Lacryma Christi del Vesuvio 2008

マストロベラルディーノ ラクリマクリスティ白
(ヴィンテージは現行です)
 
 今日の夕食は、鴨のローストとサラダ、豚肉とジャガイモをローズマリーを散らしながら炒めた後にスープ化したもの、御飯。御飯にワインを合わせるのが難しそうだったので、風呂上がりにこいつをやってみることにした。ベスビオ火山の絵が描かれた、シンプルだけどかなりオシャレなボトルのカンパーニャ州の有名メーカーによるラクリマクリスティ*1
 
 グラスにそそぐと、ちょっと赤茶色が入っているような雰囲気。香りは、焼き林檎→青リンゴ→パラフィンの順番にやってくる。非常に酸味の強そうな予感。
 
 めちゃくちゃ酸っぱいワインじゃないかと恐る恐る口をつけてみると、意外と大丈夫。軽い印象で、グレープフルーツのような苦みと甘み・意識しない限りは控えめな酸味、そして僅かなミネラル。ゴッテリタップリではなく、軽快なバランスタイプといったところ。後味に青林檎の爽快感が気持ちよく、グラスをテーブルの上に置いた後も意外としっかり残る。コテコテ系を期待している時には残念かもしれないけど、風呂上がりの一杯としてはかなりぜいたく。たぶん、今日の夕食にあわせても(御飯以外とは)良い相性だったっぽい。とてもおいしかった。
 

*1:それにしても、カンパーニャ州のメーカーのボトルには、シンプルのようにみえてデザインの優れたものが多いような