読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1072】Chateau Coustaut La Grangeotte Bordeaux 2012

 
シャトー・クストー・ラ・グランジョット [2012] 
 
 このワインは、ボルドーのとても若い赤。だったら初日はちょっと味見するぐらいに留めて、二日目に重点的に味わったほうがよかろうと思い、そういう飲み方前提であけてみた。
 
 まず、見た目は若干の透明感を伴った赤ワイン色。透明感はそれなりにあるけれども色が暗めで、やや青紫色がかっているようにみえる。匂いを確かめてみると、檜の入浴剤みたいな匂いと煙たい匂い、そしてピーマン臭さが感じられて、若い(そしてたぶん安い)メルローが入っているのかなと予想したくなる*1
 
 口に運んでみると、口当たりがなんともまったり柔らかで、控え目な甘さと控え目な苦み、タンニンはしっかりしているけれども吸い付くようで、やがて舌の奥のほうに苦みと相まってくっつくような感じになった。もちろん果実味もそれなりあるし、甘味も無いわけではないけれども、それ以上にミルキー&シルキーな口当たり+だんだんしっかりしてくるタンニンが印象的。このタンニンの感じは、ワインをあまり飲んでいない人にとっては面倒かもしれないけれども、たぶん、このタンニンがこのワインの構成要素としてえらく仕事をしている……ような気がする。慣れてくると、このタンニンのくっついた舌の上を、ジューシーな印象に転じた果実味がチョロチョロ転がっていくようで、なんだか面白い。くせのあるワインだけど、くせがあるなりに付き合えなくもないような、そんなワイン。明日が楽しみだ。
 
 ※翌日。期待通り、果実味がしっかりしてきて野性味のあるサクランボみたいな雰囲気を伴うようになった。ミルキー&シルキーが失われたかわりに、力強さが備わってきた。

*1:後で調べたらやっぱりメルローだった!当たり!