読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0926】Chevalier Fabre Champagne Brut (N.V.)

 
シュヴァリエ・ファヴレ ブリュット
 
 今日の夕食はアボガドとスナップエンドウとジャガイモのサラダ、ヤガラの刺身、野菜炒め。なんとなく泡モノが欲しくなったので、こいつを選んでみた。
 
まず、色を観ると、少しオレンジ色というかロゼ色がかった泡。泡は細かなものが底からシュワシュワと立ち上って壮観。ただ、匂いはちょっと弱くて、柑橘系のやつが少しするかしないか。
 
 口に入れると、まずキンキン系……というよりロゼを思わせるような柑橘系のフレーバーが口のなかに広がってびっくり!苦みがしっかりしていて、金柑のような、柑橘系のなかでもクセのありそうなやつを連想する、そういう甘みを後味を伴っている。ふくよかなタイプらしく、もこもことした手応えを伴っている。なんだか面白いシャンパーニュだなぁ……と思ったら、ピノ・ムニエピノ・ノワールで殆どつくられているとのこと、やっぱり、だからロゼ色っぽいのか!もこもこと最後までおいしいシャンパーニュだった。