読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1521】Pala Sardigna Nuragus di Cagliari "I Fioli" 2015

ヌラグス ディ カリアリ イ フィオーリ パーラ サルディニアは価格の割に良いワインが多いような気がして、ちょっと調べたくなっているところ。このパーラは、そのなかでも価格のあまり高くないワインが中心で、今回は見たことのない品種「ヌラグス」でつく…

【1515】Vina Belje Grasevina 2015

vinica.me このワインは、4か月前に呑んでみて結構おいしかったクロアチア産の白ワイン。ソーヴィニオンブランのキツいところを取り払ったようなワインだったと記憶している。なので、もう一本買ってみた。 まず見た目、やはり薄い色調で少し緑色がかってい…

【1512】Domaine Bruno Clair Bourgogne Aligote 2011

ブリュノ・クレール ブルゴーニュ アリゴテ ※リンク先はヴィンテージが異なります このワイン、ブルゴーニュのそこそこ有名ドメーヌ、ブリュノ・クレールによるアリゴテ。アリゴテとはいえ、やけに安い値段で売られていたので買ってみたもの。 グラスに注ぐ…

【1504】Les Heritiers du Comte Lafon Macon-Chardonnay Clos de la Crochette 2002

コント・ラフォン マコン・ミリー・ラマルティーヌ・クロ・デュ・フォール ※リンク先はヴィンテージが異なります まず、見た目はアンズがかったオレンジ色っぽい色彩で、綺麗に熟成したワインの感じをしている。香りは初手では蜂蜜8割、あんず2割といった…

【1502】Pala Vermentino di Sardegna "i Fiori" 2015

ヴェルメンティーノ ディ サルデーニャ パーラ 安くて美味いイタリア白ワインの産地のひとつ、サルディニアの、知らないメーカーに手を出してみた。品種はヴェルメンティーノなのでわりと馴染みがあるので、比較するにはちょうど良さそう。 まず見た目。まず…

【1500】Louis Latour Corton-Charlemagne Grand Cru 2005

ルイ・ラトゥール コルトンシャルルマーニュ 2006 ※リンク先はヴィンテージが異なります まず見た目。すごく黄色い、というよりオレンジ色がかった色で輝いている。香りを確かめると、第一印象は「石」。すごい石の香りだ!蜂蜜みたいなフレーバーは控え目で…

【1494】Stocco Friulano 2015

ストッコ フリウラーノ このワインは、イタリア北東部・フリウリ地区でつくられている土着品種・フリウラーノの品。ストッコというメーカーは、楽天のトスカニー以外は輸入していないっぽいワインだけど、フリウリにしては低価格で結構いけていた記憶が。前…

【1493】Robert Mondavi TwinOaks Chardonnay 2014

ロバート・モンダヴィ ツインオークス シャルドネ ※リンク先はヴィンテージが異なります この安いカリフォルニアワインの見た目は、黄色がしっかりした感じでカリフォルニアワインとして矛盾しない。香りは、わざとらしいほどの樽。名前に恥じない、すごい風…

【1491】Pieropan Soave Classico 2015

ピエロパン ソアーヴェ・クラシコ ※リンク先は現行のヴィンテージです このワインは、いつも愛好しているピエロパンのソアーヴェ・クラシコ。前は樹脂のキャップか屑コルクだった時期があったような気がするけれども、こいつは普通のコルクに戻っている。 ま…

【1489】Jermann Traminer Aromatico 2013

Jermann Traminer Aromatico 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なると思われます。 前回、知らないメーカーのイタリア版ゲヴュルツトラミネールことトラミネールアロマティコを飲んだら根性の足りない品でがっかりしたけれども、今回は信頼しているイエルマ…

【1485】Southern Boundary Wines "The Springs" Riesling 2015

ザ スプリングス リースリング サザン バンダリー ワインズ まず見た目は普通の白ワイン色。つまり白っぽくて少し黄色いような、そういう色調。あまり緑色がかっているようにもみえない。香りは初手ではあまりわからない。うっすらと植物系洗剤の香りがする…

【1483】Farnese Chardonnay 2015

ファルネーゼ シャルドネ [2015]年 ※リンク先は年それぞれの最新ヴィンテージのようです 意外と面倒な安イタリアワインの世界で、アブルッツォ州のファルネーゼは頼れる味方。今回は、イタリア土着品種ではなくあえて国際品種のシャルドネをあたってみること…

【1477】Puiattino Traminer Aromatico 2014

“プイアッティーノ”トラミネール・アロマティコ フランスとイタリアには呼び名の違う同品種のワインがいくつかあって、この、トラミネールアロマティコもイタリアならではの呼び名。こちらはフランスのゲヴュルツトラミネールに比べると引っかかりどころの少…

【1475】Allendorf Winkeler Hasensprung Risesling Auslese Rheingau 2015

www.vivino.com もの凄く若いアウスレーゼをいただく機会があったのでお相伴。まず見た目。できたてのアウスレーゼだけあって、びっくりするほど白っぽい。新世界の、辛口リースリングとほとんど変わらないほど。香りもそれに近くて、ただ、それよりは少し甘…

【1472】Vadiaperti Fiano di Avellino 2013

今日の夕食はカルボナーラとお魚のフライ。こういう食事にあわせるワインが無いものか漁ったところ、目に留まったのがニュージーランド産のリースリング。でも、いくらなんでも、リースリングなんて合わないでしょうと思い、急遽、カンパーニャ産の白ワイン…

【1469】Vina Belje Grasevina 2015

vinica.me 寒くなって白ワインを避けたくなったけれども、今日は久しぶりに安い白ワインが欲しくなった。これは、クロアチア産の土着品種を使ったワイン。 まず見た目は、ものすごく薄い白ワイン色。かなり安っぽい。で、ワインの香りは最初は白桃缶詰みたい…

【1463】Domaine Leflaive Bourgogne Blanc 2006

ドメーヌ・ルフレーヴ ブルゴーニュ・ブラン ※リンク先はヴィンテージが異なります 見た目は、かなりアンズっぽい色合いというか、オレンジ色に近い。ところがこのワインには微妙に緑色っぽさが残っていて、ある種のオレンジ系果物みたいな不思議な色をして…

【1456】Bernard Moreau Chassagne Montrachet 1er Cru Les Chenevottes 2011

ベルナール・モロー シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ "レ・シュヌボット" ブラン ※リンク先はヴィンテージが異なります このワイン、見た目は輝く山吹色をしている。シャサーニュ・モンラッシェの白(それも若いやつ)って、もっと薄い色だと思…

【1455】Mastroberardino Mastro Greco Campania 2014

マストロベラルディーノ グレコ 2014 まず見た目は、ちょっと赤みがかった白ワインの色。シャルドネだったらあまり出来の良くない色とみなしたくなるような、でも、グレコだからいいんでしょう。香りは、蜂蜜の香りよりも白い花を連想させる甘ったるい香りと…

【1451】Farnese Fantini Pinot Grigio 2014

ファルネーゼ ピノ・グリージョ 普段、ワインは買ってきたその日にはなるべく飲まず、一週間以上置いてから飲むようにしているけれども、このピノ・グリージョはどうしても当日抜栓したくなったので開けてしまいました。 まず、色は普通の白ワイン色でどうっ…

【1449】Hugel Sylvaner Alsace 2014

ヒューゲル シルヴァネール このシルヴァネールって品種は、柔らかい飲み心地で人を威圧するところがなく、ふんわりと飲むには結構良いものじゃないかと最近見直していて、ふと、そんな時にヒューゲルの同品種のワインを発見したので購入してみた。お値段は1…

【1445】Domaine de Rochebin Bourgogne Chardonnay 2013

Domaine de Rochebin Bourgogne Chardonnay ※リンク先は「ヴィエイユ ヴィーニュ」を名乗っているのでもうちょっとだけ高級な品かもしれません。 今日のワインは格安価格で売られていたブルゴーニュの平格白ワイン。平格とはいえ、今日日、(通常の・平格の)…

【1442】Calera Central Coast Chardonnay 2012

【正規品】カレラ セントラルコースト シャルドネ[2012] まず見た目。だいぶ黄色っぽくて白ワインとしては濃い部類。香りは、抜栓した瞬間に米糠&クッキーの香りがよぎったけれどもグラスに注ぐと蜂蜜クッキーと、少しトロピカルな黄桃~白桃系の香りが混入…

【1435】Feudi di San Gregorio Bianco (N.V.)

サングレゴリオ フェウディ・ビアンコ このメーカー・フェウディ・ディ・サングレゴリオは、数年前まではどこにでも売られていたのに、だんだん見かけなくなって、しかも微妙に値上がりもしたのでとんとお見かけしていなかった。今回、かろうじて「ビアンコ…

【1433】Domaine Vrignaud Chablis 2014

Domaine Vrignaud Chablis ※リンク先はヴィンテージが異なります 抜栓した瞬間、米糠+レモンの凄い匂いが炸裂して、うわっマジシャブリという感じ。グラスに注ぐと、ソアーヴェ・クラシコもかくやというような、薄くて透明感のある色合い、シャルドネがここ…

【1432】Chateau de Meursault Meursault 1er Cru 2007

シャトードムルソー ムルソー1級 2007 今日はちょっと良いことがあったので、温存していたムルソーの一級を呑んでみることにした。このワインは格安で購入したムルソー一級で、こちらとこちらで対峙済み。これが最後のストックにあたる三本目。 まず見た目。…

【1426】Pieropan Soave Classico 2015

ピエロパン ソアーヴェ・クラシコ ※リンク先はたぶん最新ヴィンテージです 今日はポケモンGOのために遠征した帰りなので、疲れた身体にもやさしそうなワインを。我が家では定番の、ソアーヴェ・クラシコをあけてみることにした。ちなみにこの銘柄は、直近で…

【1424】Domaine William Fevre Chablis 2014

ドメーヌ ウィリアム・フェーブル シャブリ 2014 今日の夕食は鶏肉スープと牛肉サラダを中心としたもの。なんだか疲れが溜まっているような気がしたので、おいしくて疲れがとれそうなワインを選びたい……ということで、ウィリアム・フェーブルの無印(だけどド…

【1420】Domaine Michel Thomas Sancerre Silex Blanc 2014

サンセール シレックス ブラン 2014 ドメーヌ ミッシェル トマ 今日の夕食は鶏肉の白ワイン煮込みを中心としたもの。久しぶりに好奇心がなければ呑めそうにないワインを選ぶ気力が残っていたので、ソーヴィニオンブランでつくられたワインを呑んでみることに…

【1418】Carraia Fiano IGT 2014

カッライア フィアーノ 2014 カステッラーニ このワインは、ナポリの周辺、カンパーニャ州でつくられた土着品種フィアーノのワイン。ただし、このフィアーノのDOCG(今はDOCPだったっけ?)ではなく、産地が適当であろう、IGTとラベルに表記されている。 ちょ…

【1415】Trimbach Riesling "Cuvee Frederic Emile" 2007

トリンバック リースリング キュヴェ・フレデリック・エミール ※リンク先はヴィンテージが異なります まず見た目。かなり黄色っぽい良い色をしている。ドイツ産のリースリングで言えば、カビネット~シュペートレーゼぐらいの金色っぽさだから、アルザスのリ…

【1414】Ruhlmann Alsace Riesling Cuvee Jean-Charles 2014

www.vivino.com 去年と同じワインを今日も飲んでみることになった。あまり高価ではないけれどもなかなか良い雰囲気だったアルザスのリースリング。 見た目は普通の白ワイン。まあ、これは変わらず。香りはあまり強くなく、蜂蜜っぽさは備わっていないけれど…

【1412】Falesco Grechetto Umbria 2014

ファレスコ グレケット ウンブリア 今日の夕食は牛肉のしぐれ煮、鳥の唐揚げをメインにしたようなもの。これに、とりあえずでイタリアの手頃な白ワインをぶつけることにした。 まず見た目。白ワインとしては標準的な色彩、それこそ「平格ブルゴーニュ」あた…

【1409】Jermann Traminer Aromatico 2014

イエルマン トラミネールアロマティコ このワインは、イエルマンのトラミネール・アロマティコ。ゲヴュルツトラミネール系なんだろうけれども、イタリア産は名前が違って、味も香りも微妙に違うような気がする。イエルマンのこの品は、遠い昔に飲んでおいし…

【1408】Alpha Zeta Garganega Verona 2015

アルファゼータ ガルガネガ このワインは、ソアーヴェ・クラシコ系のワインのもとになるガルガネガ種でつくられたワイン。ソアーヴェを名乗っていないのは、ソアーヴェを名乗れる地区から外れたところでつくられているからだろうし、だから安いんだろう。で…

【1404】Poggio le Volpi Falanghina 2015

ファランギーナ ポッジョ・レ・ヴォルピ 今日の夕食は、白身魚のカルパッチョとトマトミートパスタメインのもの。これに合わせていただいたのは、南イタリア大手のメーカーがつくるファランギーナ。このポッジョ・レ・ヴォルピは、前はファランギーナを作っ…

【1398】Chateau de Meursault Meursault 1er Cru 2007

シャトードムルソー ムルソー1級 2007 このワインは、先だって4800円で売られていたムルソー1級。値段を考えたらとんでもなくお買い得&ムルソー然としていたので慌てて買い増ししたものの一つ。たぶん飲み頃なので今年じゅうぐらいに飲んでしまうべきでしょ…

【1397】Radikon Oslavje 2000

オスラーヴィエ フオーリ・ダル・テンポ [2000] 最後に出てきたのは、イタリア北東部のへんてこワインメーカー・ラディコンの白。これは以前にも対峙したことがある品で、なんとヴィンテージも同じ。非常に気になるカード。 まず見た目。濁ったアンズ色をし…

【1393】Catena Alamos Trroutes 2015

カテナ・アラモス・トロンテス[2015] 今日の夕食は、餃子とトマトスープがメインで、なんか暑いので手頃な白ワインが欲しくなった。で、選んだのは、今回初めて飲んでみるアルゼンチン産のトロンテス種の白ワイン。 まず見た目は、かなり白っぽい白ワインで…

【1388】Larry Hyde & Sons Aubert Sonoma Coast Chardonnay 2009

オーベール シャルドネ ソノマコースト2011 今日は、外稽古でいくつか凄いワインに遭遇した。 まず、最初のワインはカリフォルニアの名門どころのシャルドネ。見た目は、ブルゴーニュで言えばムルソーを連想するような、黄金色~山吹色の素晴らしいカラー。…

【1386】Sella e Mosca Vermentino di Sardegna "La Cala" 2014

セッラ&モスカ ラ・カラ ヴェルメンティーノ サルディーニア 今日の夕食は麻婆豆腐を中心としたいい加減なもの。むしむしと暑かったので、今回はサルディニア産のさっぱりとした白ワインが欲しくなり、これを選んだ。それにしても、このセッラ&モスカとい…

【1384】Sella e Mosca Torbato "Terre Bianche Alghero" 2014

セッラ&モスカ トルバート これはサルディニア島の大手メーカー、セッラ・エ・モスカの白ワインだけど、観たことの無い「トルバート」という品種のもの。 抜栓。うわ、気泡がいっぱいだ!これはこのメーカーの白ワインにはありがちなこと。少し赤みがかった…

【1381】Ca Rugate Soave Classico "San Michele" 2014

カ・ルガーテ ソアーヴェ・クラシコ サンミケーレ 暑い日の夕暮れに飲むソアーヴェ・クラシコは最高なわけで、久しぶりにカ・ルガーテの品をあけてみることにした。ソアーヴェ・クラシコはジャンル全体が値上がりしていない(ありがたい!)ので、薄口ワイン…

【1377】Louis Latour Grand Ardeche Chardonnay 2013

ルイ・ラトゥール グランアルデッシュ シャルドネ 2013 見た目は、まずまず普通のシャルドネっぽい色。香りは、初手ではシャブリのような米ぬか系の香りがしてびっくり仰天、えっ?そういう痩せ痩せ路線な?と。でももう一度確かめてみた頃には米ぬかは消え…

【1375】Chateau de Meursault Meursault 1er Cru 2007

シャトードムルソー ムルソー1級 2007 まず見た目。グラスに注いでみると、そんじょそこらのシャルドネとは明らかに異なった、黄金色の液体。黄緑色っぽさは無く、純粋に山吹色っぽい。いい感じだ。香りを確かめると、一瞬、メロンや樽かなと思った時もあっ…

【1371】Willy Gisselbrecht Pinot Gris Vin d'Alsace 2013

アルザス・ピノ・グリ ヴィリ・ギッセルブレヒト 今日の夕食は鯛のバター焼きを中心としたこってりとした魚料理。これに合わせたのは、お手軽価格だったアルザスのピノ・グリ。 まず見た目。白ワインとしてはかなり濃い部類で、やや赤みがかっている。ちょっ…

【1369】Willy Gisselbrecht Sylvaner Vin d'Alsace 2012

ヴィリー・ギッセルブレヒト元詰・AOCアルザス・シルヴァーナー このワインは、以前にも飲んでみて「シルヴァーネルってこんなに美味いことがあるのか!」とびっくりしたワインと同じもの。これは同じヴィンテージだけど、たぶんこれ新鮮なうちに呑んだほう…

【1367】Etienne Sauzet Bourgogne Blanc "La Tufera" 2011

エチエンヌ・ソゼ ブルゴーニュブラン 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なります 年度初め以来、恐ろしく忙しくて「高級価格帯のワインと真正面から向き合いたい」気持ちが湧いてこなくて、つい、飲みやすいもの・ぞんざいに取り扱っても良さそうなものばか…

【1366】Zeiltinger Sonnenuhr Riesling Spatlese 2014

ツェルティンガーゾンネンウーア シュペートレーゼ さて、スクリューキャップを開けると……なんと「ポン!」という炭酸が籠もっていたかのような音が。びっくりした。でもって、見た目は少し緑色っぽい白ワイン色で、そこに気泡がそれなりくっついている。シ…

【1365】Wolf Blass Red Label Chardonnay 2014

ウルフブラス レッドラベル シャルドネ 2005 ※リンク先はヴィンテージが異なります まず、見た目は標準的な白ワインよりも若干薄いぐらい。香りは、いくらか樽っぽい香りが立ち上がってくるけれども、これに付き添っていて欲しい蜂蜜風味はほとんど感じられ…